Q&A

当社の製品に関して、お客さまから多くいただくお問い合わせ事例をいくつかピックアップして御紹介致します。

溶接関連製品
 ・スパドールL1,L2
環境関連製品
 ・オイルドライパッド
塗床材関連製品
 ・オッシャーコート

スパドールLー1,Lー2

1.スパドールL-1・L-2とは何をするものですか?
 ・鋼材の開先部分に塗布して錆を防止し、その皮膜を除去せずそのまま溶接しても溶接欠陥を起こさない液剤。

2.開先防錆剤のメリットは何ですか?
・一般的な防錆油、防錆塗料は、開先に塗布した場合、そのまま溶接すると溶接欠陥を起こすので、
 皮膜を除去してからでないと溶接が出来ないが、開先防錆剤は、そのまま溶接が出来るので皮膜除去の
 手間が省ける。
・開先部は、無垢の状態なので錆が発生しやすい。開先防錆剤を塗布することにより、錆の発生を防止し
 商品価値を高めます。

3.スパドールL-1・L-2の特長は? ・溶接に対する影響がない。
 ・防錆能力に優れている。 ・速乾性である。
 ・他の塗料を塗り重ねすることが出来る。
 ・防錆性は、屋外暴露で、L-1が、約2ヶ月、L-2が約3ヶ月です。
 ・L-1の皮膜は、赤茶色透明、L-2は、銀灰色。

4.使用方法は? ・塗布面の油、汚れなどを除去してください。
 ・開缶後良く撹拌してから、刷毛又は塗料用エアガンなどで塗布して下さい。
 ・一度塗りを原則として、むらなく均一に塗布して下さい。尚、長期の防錆を要する場合には、
  一定期間後に重ね塗りをして下さい。
 ・塗布量の目安は、L-1は、100g/m2、L-2は、150g/m2程度です。

5.使用上の注意は?
 ・有機溶剤(第3種有機溶剤)を含んでいますので、換気良くして使用して下さい。
 ・ 手、皮膚に付いた場合は、石鹸を使用して良く洗い落として下さい。
 ・ 目に入った場合は、すぐに大量の清水で良く洗って下さい。
 ・ 蒸気、ガスを吸い込んで気分が悪くなった場合には、空気の清浄なところに移動し安静にし、
  改善が見られない場合は、医師の診察を受けて下さい。

6.保管の方法は?
 ・ 水分の混入や、蒸発を防ぐため必ず密閉し、冷暗所に保管して下さい。
 ・ 火気、熱源から遠ざけて保管して下さい。

7.廃棄の方法は?
 ・ 液は、焼却するか、産業廃棄物として処理して下さい。

8.荷姿、価格は?
 ・ L1 18リットル缶 ¥22,000 L2 18リットル缶 ¥25,500
このページの先頭に戻る

オイルドライパッド

1. オイルドライパッドとは何ですか?
 ・油液吸着用ポリプロピレン製三重構造の不織布です。

2. 用途は?
 ・工場内の油液処理用として、ウエス、敷物、製品、金型の保護や、足元用として使用します。
  4348は、排水溝、貯水槽等水に浮いた油の処理用としても使用されます。

3. 種類は?
 ・4348,130Rは、水をハジキ油のみを吸着するタイプ。Wー2は、水も油も吸着します。

4. 吸着量は?
 ・4348は、自重の約7倍、0.5L/枚、W?2は、自重の約8倍、0.65L/枚、130Rは、自重の9倍、
  46.5L/巻です。

5. サイズ、荷姿は?
 ・4348、Wー2は、43X48cmX100枚入り、130Rは、1mX30m巻です。

6. 使用方法は?
 ・このまま敷いたり、浮かべて使用します。又、用途に合わせて、ハサミ、カッターナイフでカットして
  使用します。

7. 使用上の注意は?
 ・4348は水に浮かんだ油の吸着用として使用出来ますが、界面活性剤などを使用した、洗浄剤、中和剤が
  含まれた状態で使用しますと、その水溶液も一緒に吸着し、沈んでしまいますので注意して下さい。

8.使用後の廃棄方法は?
 ・焼却して下さい。製品自体は、焼却しても有害なガスを発生しませんが、吸着した油液により有害なガスを
  発生する恐れがある場合は、都市条例に基づき、産業廃棄物として処理して下さい。

9.価格は?
 ・4348は、¥18,000ー/ケース 130Rは、¥18,000ー/巻
このページの先頭に戻る

オッシャーコートQ&A

1.タイムケミカルの塗床材の種類は?

種類の分け方に、

(1)製品に使用している樹脂で分ける
  • アクリル系・・・・・A-700,AW-710,A-800,AW-720
  • エポキシ系・・・・・EC-540-01,FC-543,FC-551,E-671,E-310,E-311,EW-331
  • ウレタン系・・・・・U-101,U-251,UG-181
  • メタクリル系・・・・・MA-840,MA-841,MA-810,MV-9905
(2)溶剤系、無溶剤系、水性系、特殊硬化型で分ける
  • 溶剤系・・・・・・E-310,E-311,U-101,UG-181,A-700,A-800
  • 無溶剤系・・・・・・EC-540-01,EC-543,EC-551,E-671,U-251
  • 水性系・・・・・・EW-331,AW-720
  • 特殊硬化型・・・・・・MA-840,MA-841,MA-810,MV-9905
(3)薄塗りタイプと厚塗りタイプで分ける
  • 薄塗りタイプ・・・・溶剤系、水性系
  • 厚塗りタイプ・・・・無溶剤系、特殊硬化型
(4)用途で分ける
  • 下塗用・・・・・・E-372,E-373,E-651,UG-181,MA-870
  • 中塗用・・・・・・EC-551,U-251,MA-840,MA-841
  • 樹脂モルタル用・・・EC-540-01,EC-543,MV-9905
  • 中塗・上塗用・・・・EC-543,E-310,E-311,EW-331,A-700,AW-720
  • 上塗用・・・・・・E-671,U-101,MA-810
(5)塗布の方法で分ける
  • ローラー刷毛・刷毛・・・E-372,E-373,E-651,E-310,E-311,U-101,EW-331,A-700,A-800,AW-720,MA-810
  • コテ・・・・・・EC-540-01,EC-543,EC-551,E-671,U-251,MA-840,MA-841
このページのトップに戻る

2.どのような施行を行っているのですか?

工法は、用途によって選択します。

  • 薄塗り防塵工法(ET工法)・・・・
防塵及び美観を目的とした薄塗り工法。
倉庫や駐車場、事務所などに適用される。
  • 厚塗り平滑工法(ET工法)・・・・
フォークリフトの運行、トラックなどが出入りするような耐荷重性が要求される工場、倉庫の通路などに適用される。
  • 樹脂モルタル工法(ERM工法)・・
重量物の運行する工場やジャッキを使用する車整備工場、コンクリートが劣化した凸凹床の平滑化、段差修正などに適用します。
  • メタクリル工法(MM工法)・・・・
超速硬(施工後約1〜2時間で使用可能)、低温硬化型(-30℃)で、工期のとれない食品工場や、冷蔵、冷凍倉庫、JR、高速道路などに最適。
無機、有機酸、アルカリなどの耐薬品性にも優れる。
  • 防滑工法(NS工法)・・・・・
スロープ、階段、水・油使用で滑りやすい床に安全性、作業性向上に最適な工法。
上塗り塗布の際に、リシンガンなどで硅砂のを散布して仕上げます。防滑の程度により硅砂の号数、量を調節します。
  • 穴埋凸凹処理工法(HU工法)・・
機械移設後の穴や劣化したコンクリート床の凸凹の平滑処理用として適用します。
無溶剤のエポキシ樹脂使用で際からのはつれがありません。工期がない場合は、MV-9905に硅砂を加えて使用します。
  • 帯電防止工法(ENS工法)・・・・
静電気障害の防止を必要とする施設床用に適した工法。
エポキシ樹脂使用で、耐薬品性、耐摩擦性、防塵性にも優れている。
塗り床施工の他、エレカルを使用した貼り床施工も行っています。
  • 防水工法(UWP工法)・・・・・・
振動や耐衝撃性に優れ、下地亀裂に追随する柔軟性があります。屋上、地下防水に最適。
このページのトップに戻る

3.工法を選択するために必要な情報は何ですか?



(1)塗布しようとしている場所(床)で取り扱っている又は、製造している物は何か?
(2)重量物(フォークリフトなど)は運行するか?
(3)油、水、薬品などを使用しているか? 薬品の場合は、その薬品名及び濃度。
(4)床の状況は?
(イ)新しい床 (ロ)古い床
  • 普通のモルタル仕上げ?
  • 打設後何日経過?
  • 普通モルタル、強化コンクリート、カラコーン床
  • 塗布されていない
  • 塗布されている
  • 床の劣化状況は?
(5)塗り床施工の主たる目的は?
   防塵、美化、凸凹修正(平滑化)、シームレス化、抗菌化、床保護、その他。
   ◎MM工法塗り床商談・チェックシート
このページのトップに戻る